碧南市、高浜市、安城市、刈谷市、西尾市周辺で社労士をお探しなら
電話0566-55-4040 碧労務管理事務所 社労士鳥居靖まで

社員が10人以上になり就業規則でお困りの刈谷市の社長様へ

碧南市の事業所向け 社労士、碧労務管理事務所からのお知らせ刈谷市の会社様も対応してます! 社労士鳥居

1.就業規則はなぜ必要か、なんのために作るのか?
(なぜ必要か?)社員がひとりでなく2名以上となった場合、社員によって労働条件や働くルールが違うと会社経営上、労務管理上不具合が生じます。賃金、労働時間等は個別に違う、例えば正社員とパートで異なる、職種で異なる等あると思いますが、一律に統一しておいたほうがよい部分、例えば社内ルール等は人によって違うことはないので、決めておく必要があります。
2.就業規則は誰が、いつ決めるのか?
(誰が?)就業規則は会社(社長)が自由に決められるものです。ただし、労働関係の法律を違反しない範囲で、社長が決めるということになります。
(いつ?)最速で社員をひとり以上雇ったときです。よく10人以上になったら監督署への届出が必要だから9人までは作成しなくても良いと考えられている経営者様をお見かけしますが、あくまでも10人以上になったら届出が必要になるということであり、作成はひとり以上雇った時からになります。
3.就業規則は何を決めるのか?
(何を決める?)決めることは2つです。「労働条件」と「会社内のルール」です。労働基準法に決めなければならないことが書いてありますので、少なくともその項目については決めなければなりませんが、その他については会社が自由に決められます。
4.就業規則はどこへ、いつ届け出るのか?
(どこに届け出?)管轄の労働基準監督署です。碧南市の場合は刈谷労働基準監督署になります。
(いつ届け出?)作成し速やかに届け出してください。この就業規則はいつから実行されるかという施行日が記載されますが、届出は施行日前でも後でも構いません。
5.就業規則を作るメリットとデメリットは?
(メリット)労務関係の対応に悩むことが減ることで社長のストレスを軽減できます。問題社員に対応・対処する際に根拠が示せることで理解・納得を得やすくなり円満解決につながります。
(デメリット)運用しないと作成しただけで絵に描いた餅になります。見直しをしないと実態と異なる部分が増え、会社にとって不利益に働く場合もあります。
6.碧労務がおすすめる就業規則のつくり方
(就業規則のつくり方)
7.厚生労働省等のモデル就業規則を活用する場合の注意点
(モデル就業規則の注意点)
8.それでも就業規則をご自身で作りたい社長様へ
(ご自身で就業規則を作るときの注意点)
9.就業規則を作った後に大切な2つのこととは?
(作った後に大切なこと)
10.こんな就業規則は今すぐ見直しを!
(こんな場合は今すぐ見直し)
11.就業規則の作成を社労士に依頼する場合の注意点
(依頼するときの注意点)
12.就業規則作成料10万円と50万円の差は何?
(就業規則の差は)
13.最後にご提案
(ご提案)
もし就業規則でお困りでしたら、毎週土曜日に開催しております無料の相談会へお越し下さい。
事前予約制ですので、お問い合わせフォームよりご予約いただけたらと思います。
お問い合わせフォームはこちら



電話 0566‐55‐4040

平日9時〜18時まで 直接わたくし社労士鳥居 が承ります
電話に出ない場合は、時間をあけて再度ご連絡下さい

メールでのお問い合わせはこちらから

メールマガジン会員登録

碧労務管理事務所

社会保険労務士 鳥居 靖

社会保険労務士登録番号
 第23010062号
愛知県社労士会会員番号
 第2311728号

〒446-0053
愛知県安城市高棚町芦池122‐3

TEL 0566-55-4040
FAX 0566-55-3327

お電話の際には「ホームページ見ました」とお伝えください。
なお、電話に出られない場合もありますので、メールの方が確実です。

(主な営業エリア)
碧南市 安城市 刈谷市
高浜市 西尾市 半田市
その他近隣の市町村