碧南市、高浜市、安城市、刈谷市、西尾市周辺で社労士をお探しなら
電話0566-55-4040 碧労務管理事務所 社労士鳥居靖まで

雇用関係助成金を一度も申請したことがない刈谷市の社長様へ

碧南市の事業所向け 社労士、碧労務管理事務所からのお知らせ刈谷市の会社様も対応してます! 社労士鳥居

1.雇用関係助成金って何?
(雇用関係助成金って何?)
 雇用関係助成金は、厚生労働省の労働局が取り扱っているものです。助成金は返済不要で、雇用関係の施策を実施した事業主に対して、助成金が支給されます。
 補助金と助成金の違いは、補助金の場合、取り扱い機関が違うこと、申請し採択されなければならない、返済の要件がある等の条件がありますが、助成金の場合は、条件(支給の要件)を満たし申請期間内に申請すればもらえるものです。ただし、条件(支給の要件)は年度毎に変わったり、年度途中で変わることもあり、タイムリーな情報収集が必要です。
2.どんな会社が助成金をもらえるの?
(どんな会社が助成金をもらえるの?)
 雇用関係助成金は、財源を雇用保険料からまかなっている関係で、労働保険、雇用保険に加入していることが大前提になります。法人、個人は問いません。
1.雇用保険適用事業所の事業主
2.期間内に申請を行う事業主
3.支給のための審査に協力する事業主
まずは、この3つを満たしていたら、なんかしら助成金の対象になる可能性があります。

上記の3つをクリアしていても助成金を受給できない会社もあります。
・不正受給してから3年以内に申請をした事業主 また申請日後、支給決定日までの間に不正受給をした事業主
・支給申請した年度の前年度より前の年度の労働保険料を納入していない事業主
・支給申請日の前日から過去1年間に労働関係法令の違反を行った事業主
・性風俗関連営業、接待を伴う飲食等営業、またはこれらの営業の一部を受託する営業を行う事業主
・暴力団と関わりのある事業主
・支給申請日、または支給決定日の時点で倒産している事業主
・不正受給を理由に支給決定を取り消された場合に、都道府県労働局が事業主名等を公表することについて、同意していない事業主
3.助成金をもらうためのポイントは?
(助成金をもらうためのポイントは?)
ポイント1 タイムリーな情報収集
 助成金は年度毎、また年度途中に要件の変更、新設など改廃があります。また人気の助成金は申請が集中し、国の予算オーバーになり大幅に受給金額が減額されたり、支給要件が厳しくなったりします。常にタイムリーな情報が収集できるような環境が必要です。
ポイント2 労働関係法令の遵守
 助成金申請する上で、労働関係の帳簿類を提出することがあります。その際、労働関係の法令が守られているかどうかの確認があります。ここで違反事項があれば助成金は支給されません。日頃から労働関係法令を遵守することで、助成金GET!につながります。
ポイント3 申請スケジュールをきちんと把握し、期限までに申請する
 助成金の種類によって、事前に計画届が必要な場合、労務施策の実施時期、申請可能時期等が異なります。これらのスケジュールをきちんと把握しておくことが必要です。
4.オススメの助成金ってあるの?
(オススメの助成金ってあるの?)
 助成金は、毎年度新設、改廃があり、また特徴も変わります。また労務の施策は、会社業種、規模によって異なり、一概にどれがオススメの助成金かというのは言うことがむずかしいです。少なくともひとつだけ言えることは、会社が取り組もうと考えている労務の施策と合致する助成金がオススメの助成金です。助成金の金額に釣られて、無理に助成金に対応した労務の施策を行おうとすると無理があったり、不正受給にもつながりかねませんので、オススメできません。あくまでも労務の施策ありきでお願いします。
5.受給事例を教えて?
(受給事例を教えて?)
直近は、
・キャリアアップ助成金 正社員化コース
・特定求職者雇用開発助成金
・高年齢者雇用安定助成金
などです
6.助成金申請は自分でもできますか?
(助成金申請は自分でもできますか?)
 もちろん、社長本人もしくは社長の奥様でも可能ですし、担当者の方でもできます。労力さえ惜しまなければ。ただ、助成金申請業務に時間や労力をかけれないのであれば、社労士に依頼するのもひとつの方法です。
7.労働法令に違反していても助成金はもらえますか?
(労働法令に違反していても助成金はもらえますか?)
 最近は労働関係法令の違反については厳しく審査されておりますので、労働関係法令に違反がある場合は助成金を受給できません。日頃より助成金が受けられるような労務管理体制の構築が必要になります。
8.社会保険に加入していませんが助成金もらえますか?
(社会保険に加入していませんが助成金はもらえますか?)
 雇用保険や社会保険には加入要件がありますので、本来加入しなければならない人が理由もなく加入されていないような場合、受給できない可能性があります。労働関係法令と同様、適切な事務手続きがなされていない場合、受給できない可能性は否めません。
9.助成金はどこに、いつ振り込まれるの?
(助成金はどこに、いつ振り込まれるの?)
 会社の口座に振り込まれます。いつ振り込まれるかは一般的には支給申請後3〜4ヶ月程度後になりますが、申請数(労働局の処理状況)によっては、6ヶ月以上かかる場合もあります。詳しくは申請先の労働局などにお問い合わせください。
10.どうせ助成金なんかもらえないと思っている社長様へ
(どうせ助成金なんかもらえないと思っている社長様へ)
 助成金をもらうためにはさまざまな条件があります。すくなくとも労働関係の法律を最低限整備する必要があります。もしこのあたりが不安な場合は、助成金申請を検討することよりも労働関係の法律に適応した労務管理体制を作ることが一番先にやることになります。
 最終的な目標としては、助成金がいつでも申請できるような労務管理体制に整えることになります。なぜなら助成金は毎年のように新設、改廃がありますので、今年もらえそうな助成金がなかったとしても、来年は活用できそうな助成金が新設されるかもしれません。そのときに、労務関係の法律に適応していなければ、結局もらえないからです。ですので、もらえそうな助成金がある、ない、に限らず、日頃より労務管理体制を整えておくことが、助成金受給への近道です。
11.助成金なんかに頼りたくないと思っている社長様へ
(助成金なんかに頼りたくないと思っている社長様へ)
 雇用関係助成金の財源は、事業主が支払う雇用保険料です。これは助成金をもらおうがもらわなかろうが、徴収されています。もしもらわければ、御社が支払った雇用保険料がライバル他社にもっていかれてしまっているということになります。せっかく支払っている雇用保険料ですから、しっかりチェックしてもらえそうなときにもらっておくのが良いと思います。
12.助成金をもらうことの本当のメリットは?
(助成金をもらうことの本当のメリットは?)
 中小企業にとって助成金をもらうことの本当にメリットは、労働環境が整備されることが一番のメリットです。二番目にお金がもらえるということになります。三番目に助成金としてもらったお金をさらに教育訓練、福利厚生など従業員に還元することにより、より効果があるかもしれません。
 助成金申請のための、労働環境整備、そしてそのお金の使い道まで考えれば、一石二鳥どころか一石三鳥にも四鳥にもなりそうです。
13.最後にご提案
(ご提案)
もし助成金に興味がありましたら、毎週土曜日に開催しております無料の相談会へお越し下さい。
事前予約制ですので、お問い合わせフォームよりご予約いただけたらと思います。
お問い合わせフォームはこちら



電話 0566‐55‐4040

平日9時〜18時まで 直接わたくし社労士鳥居 が承ります
電話に出ない場合は、時間をあけて再度ご連絡下さい

メールでのお問い合わせはこちらから

メールマガジン会員登録

碧労務管理事務所

社会保険労務士 鳥居 靖

社会保険労務士登録番号
 第23010062号
愛知県社労士会会員番号
 第2311728号

〒446-0053
愛知県安城市高棚町芦池122‐3

TEL 0566-55-4040
FAX 0566-55-3327

お電話の際には「ホームページ見ました」とお伝えください。
なお、電話に出られない場合もありますので、メールの方が確実です。

(主な営業エリア)
碧南市 安城市 刈谷市
高浜市 西尾市 半田市
その他近隣の市町村